>

身体を回復させる時間を確保

休める時期を考えよう

メスを使う大掛かりな目元の整形になると、ダウンタイムが長くなります。
方法によっては、1週間以上のダウンタイムになるかもしれません。
仕事が忙しい時期は、そんなに休みを申請することができないと思います。
ダウンタイムを調べて、休みをしっかり確保できる時期に整形を受けてください。
無理に動くことは、絶対にしてはいけません。

仕事が少し落ち着いた頃なら、1週間の休みを確保できるでしょう。
整形を受けたいと思っても時期が悪かったら、少しガマンしてください。
事前にダウンタイムを調べると、整形にベストなタイミングを把握できます。
これから忙しくなりそうなら、早めに施術を受けましょう。
計画をよく考えて、施術を受けることが重要です。

簡単な施術を受けるのがおすすめ

長い休みを確保するのが難しそうだったら、簡単に終わる施術を選択してください。
30分から1時間程度で終わる簡単な整形だったら、ダウンタイムが短いです。
施術を受けた、その日に帰宅できる種類もあります。
それなら施術を受けて帰宅して、後は自宅で大人しくしていれば良いので簡単です。
翌日から普通に仕事をすることも可能です。

忙しい人は、簡単な施術でイメージを叶えることができないか医師に相談してください。
簡単な施術でも、激しい運動は1週間近く制限されます。
スポーツに取り組んでいる人は、いつからやって良いのか医師に聞きましょう。
数日経過してから、医師に術後の様子を見てもらってください。
その時に異常が起こっていなければ、良いと判断されます。


この記事をシェアする