>

印象を変えることに繋がる

持続時間が長い施術を選択しよう

メスを使わない施術もあります。
顔にメスを入れることに、恐怖心を抱いている人が見られます。
傷跡が残りそうで、不安を抱いている人はメスを使わない施術を選択しても良いでしょう。
ですがその場合は、持続時間が短いので注意が必要です。
半年で、効果が切れる方法もあります。
効果が無くなったら、病院へ行って再び施術を受けてください。

メスを使う施術は、効果がもっと長く続きます。
短くても3年ぐらいは維持できるので、頻繁に病院へ行くのが面倒だという人に向いています。
大掛かりな施術なので費用が大きくなりますが、半年に1回病院へ行くことを考えたら、安く済むかもしれません。
どの施術を選択すればお得になるのか、計算してください。

効果を長続きさせる方法を知る

どうしても顔にメスを入れることに抵抗を感じているなら、専用の糸などを使う施術をしても良いと思います。
持続時間が短いと言われる部分がデメリットですが、自分の努力次第で効果を長持ちさせることができます。
施術を受けた部分に、極力刺激を与えない意識を持ってください。
刺激が与えられると、すぐに効果が無くなります。

特に洗顔する時は注意が必要です。
力を入れて、目元を擦らないように気を付けましょう。
施術をして1日ぐらいが経過すれば、普通にメイクをすることが可能です。
しかしメイクも目元に刺激を与えるので、用が済んだら早く落としてください。
すると持続時間が通常は半年程度だと言われる方法でも、1年以上長持ちするかもしれません。


この記事をシェアする